旧掲示板 No.1 | No.2
重要なお知らせ
平素は当掲示板をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、突然ではございますが、当掲示板は、2016年4月30日をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。
今後はチャンネル桜のYouTubeの動画コメント等をご利用いただければ幸いです。
なお、サービス終了後も過去ログの閲覧は可能ですので、閲覧をご希望の方は下記URLをブックマークしていただければ幸いです。
http://sakura-bbs.net/thread.html
どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本文化チャンネル桜 桜掲示板運営管理室

桜問題提起スレッド
えーここを見てるNHKの方へ(シーズン2)
投稿者:miyazakiさん投稿日時: 2012/11/18(日) 00:32:08
ソクラテスと松尾芭蕉

ソクラテスが死のうとしていた。服毒の刑だった。彼は動揺する弟子たちに「静かにしろ

邪魔するな、私に死を探らせてくれ」と命じた。「手の感覚が無くなってきたが私は

完璧だ」、、、「足の感覚も無くなった、だがやはり私は完璧だ。」「もうすぐ舌の感覚

が無くなり喋れなくなるだろう。だが私は完璧だ」

旅に病み夢は枯野を駆け巡る.枯野は涅槃ニルヴァーナを意味する。

ソクラテスと芭蕉に何かが共通している。


1018 miyazakiさん 2020/08/27(木) 05:14:10

          ある禅師かたりて

 全身全霊で俗を生きるとはどういうことか

 むかしの中国でこんな話がある

 一人の猟師が手負いの鹿を追って禅寺の領内に入り込んだ

 たまたま そこに和尚と弟子がいて 猟師は「この辺りに鹿が1頭逃げてきません

 でしたか?」と尋ねると 和尚は「たった1頭か わしの弟子になれば全ての鹿を

 獲る方法を教えてやるぞ」

 猟師「そんな事をすれば鹿が絶滅してしまいます!」


 すると和尚は目を見開いて側の弟子にこう言った

 「ほう! この男 何生も 何千年も無知の海を生きてきたが

  本日 只今 その輪廻を止めおった、、、」

 猟師はこの和尚の弟子となり 後に大悟したという


 全身全霊で生きる猟師は全ての鹿を獲ることは愚かだと知っていた

 彼は無学だが世界とのバランスを意識していた







 
投稿にはログインが必要です
スレッド(親記事)一覧
| ▲ページトップへ |