旧掲示板 No.1 | No.2
重要なお知らせ
平素は当掲示板をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、突然ではございますが、当掲示板は、2016年4月30日をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。
今後はチャンネル桜のYouTubeの動画コメント等をご利用いただければ幸いです。
なお、サービス終了後も過去ログの閲覧は可能ですので、閲覧をご希望の方は下記URLをブックマークしていただければ幸いです。
http://sakura-bbs.net/thread.html
どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本文化チャンネル桜 桜掲示板運営管理室

桜問題提起スレッド
えーここを見てるNHKの方へ(シーズン2)
投稿者:miyazakiさん投稿日時: 2012/11/18(日) 00:32:08
ソクラテスと松尾芭蕉

ソクラテスが死のうとしていた。服毒の刑だった。彼は動揺する弟子たちに「静かにしろ

邪魔するな、私に死を探らせてくれ」と命じた。「手の感覚が無くなってきたが私は

完璧だ」、、、「足の感覚も無くなった、だがやはり私は完璧だ。」「もうすぐ舌の感覚

が無くなり喋れなくなるだろう。だが私は完璧だ」

旅に病み夢は枯野を駆け巡る.枯野は涅槃ニルヴァーナを意味する。

ソクラテスと芭蕉に何かが共通している。


1019 miyazakiさん 2020/09/01(火) 22:30:50


      元陸軍工兵中慰Nが息子に語ったこと 外伝

      出征していった犬のジョン

   叔母の短歌が地方紙の文化欄に載った 戦時中の思い出を詠んだ詩である

 小学生のとき 可愛がっていた犬を軍に供出することになったのだそうだ

 毛皮を防寒帽などの材料にするためだったが関西生まれの母は

 「泣いたらあきまへん 犬も立派に兵隊として戦いに行くんどす」と言った

  そしてろくに食べ物もないころだというのに母は何処からか白米と卵を

  手に入れて 卵かけご飯をジョンに食べさせた もうずっと誰も食べていなかったけれど

  少しも羨ましいとは思わなかった 
 

  そして母と姉と三人でジョンを囲んで撫でて別れの挨拶をした

  母は「涙で犬を濡らしたらあきまへん 立派に戦えなくなります」と言った

  係りの人が来て ジョンを連れて行った 見えなくなるまでずっと見送った

  
  暫くして復員してきた兄に尋ねた

  「ジョンはどこで戦ったんやろか? どこで戦死したんやろか?」

  兄はぐっと俯いて無言で涙を堪えていた




   敗戦後 兄は復員したけれど 召された犬は ずっと帰らず








  

 
投稿にはログインが必要です
スレッド(親記事)一覧
| ▲ページトップへ |