旧掲示板 No.1 | No.2
重要なお知らせ
平素は当掲示板をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、突然ではございますが、当掲示板は、2016年4月30日をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。
今後はチャンネル桜のYouTubeの動画コメント等をご利用いただければ幸いです。
なお、サービス終了後も過去ログの閲覧は可能ですので、閲覧をご希望の方は下記URLをブックマークしていただければ幸いです。
http://sakura-bbs.net/thread.html
どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本文化チャンネル桜 桜掲示板運営管理室

桜問題提起スレッド
えーここを見てるNHKの方へ(シーズン2)
投稿者:miyazakiさん投稿日時: 2012/11/18(日) 00:32:08
ソクラテスと松尾芭蕉

ソクラテスが死のうとしていた。服毒の刑だった。彼は動揺する弟子たちに「静かにしろ

邪魔するな、私に死を探らせてくれ」と命じた。「手の感覚が無くなってきたが私は

完璧だ」、、、「足の感覚も無くなった、だがやはり私は完璧だ。」「もうすぐ舌の感覚

が無くなり喋れなくなるだろう。だが私は完璧だ」

旅に病み夢は枯野を駆け巡る.枯野は涅槃ニルヴァーナを意味する。

ソクラテスと芭蕉に何かが共通している。


1456 miyazakiさん 2022/07/31(日) 19:01:57


    ある禅師語りて

 カオス(混沌)とは正に〈存在〉の本性であって決して整然たるコスモス(宇宙)には

 ならない それは決して体系にはならずTAO(道教)によっても禅によっても

 知性で理解できるようにはならない 存在を三つの区分にすると 既知 未知 不可知だ

 今日 既知なものは昨日未知だった 現在未知なるものも明日は既知になるかもしれない

 しかし既知と未知も同じ表面部分だ その両方を超えたところに不可知がある

 その不可知は混沌だ 非合理 非論理的だ 

 それを解明する道はなく そこから科学や哲学を作る道はない

 この混沌を私は〈無〉としてきた 

 その中へ入ることはできる 

 それとひとつになることもできる

 その中で弥勒のように微笑むこともできる

 しかしそれを概念化しようとするのは無理だ

 〈存在〉はひとつの混沌であり それは混沌であり続ける


  「本来 経文 お経というのは こう言ったことを伝えるためのものなのじゃよ」




                   ●

 

 
投稿にはログインが必要です
スレッド(親記事)一覧
| ▲ページトップへ |