旧掲示板 No.1 | No.2
重要なお知らせ
平素は当掲示板をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、突然ではございますが、当掲示板は、2016年4月30日をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。
今後はチャンネル桜のYouTubeの動画コメント等をご利用いただければ幸いです。
なお、サービス終了後も過去ログの閲覧は可能ですので、閲覧をご希望の方は下記URLをブックマークしていただければ幸いです。
http://sakura-bbs.net/thread.html
どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本文化チャンネル桜 桜掲示板運営管理室

桜問題提起スレッド
えーここを見てるNHKの方へ(シーズン2)
投稿者:miyazakiさん投稿日時: 2012/11/18(日) 00:32:08
ソクラテスと松尾芭蕉

ソクラテスが死のうとしていた。服毒の刑だった。彼は動揺する弟子たちに「静かにしろ

邪魔するな、私に死を探らせてくれ」と命じた。「手の感覚が無くなってきたが私は

完璧だ」、、、「足の感覚も無くなった、だがやはり私は完璧だ。」「もうすぐ舌の感覚

が無くなり喋れなくなるだろう。だが私は完璧だ」

旅に病み夢は枯野を駆け巡る.枯野は涅槃ニルヴァーナを意味する。

ソクラテスと芭蕉に何かが共通している。


489 miyazakiさん 2018/02/02(金) 23:14:38
 そして河のちょうど真ん中あたりで彼はひとつの死体が自分の方に

 少しずつ漂いながら近づいてくるのを見た。彼は恐怖を感じた。

 何とかその死体を避けようと試みたが 死体は執拗にどんどん近づいてくる。

 そうするうちに恐怖心よりも好奇心が芽生えた と言うのもその死体は

 仏教僧の死体のように見えたからである 黄土色の衣 きれいに剃られた頭

 彼は勇気を出して 死体に向かって泳いだ。そして死体のそばに着くと

 狂ったように笑い始めた。それはなんと自分自身の死体だったからだ。

 我が目を疑ったが その事実に変わりはなかった。何度も何度も目をこすったが

 それはやはり自分自身の死体だった。

 そうするうち 死体はゆっくりと漂いながら河を下っていった。

 すると彼は死体といっしょにあらゆる過去が流れて行くのを見た。

 学んだ全て 持っていたもの全て 彼であったものの全て

 自我 精神 心 自己 何もかもがその死体といっしょに流れ去っていった。

投稿にはログインが必要です
スレッド(親記事)一覧
| ▲ページトップへ |